四月を迎え、能勢もようやく暖かく、山々は益々青く、春の到来を感じる。この時期、読者のご家族のなかにも、小中高の学校や大学へ入学される方、あるいは新社会人となる方がおられるのではないだろうか。

 しかし、そういった新生活を迎えるためには、苦しい入学試験や入社試験をくぐりぬける必要があったのではないだろうか。筆者も皆さんと同じように入学試験や入社試験を経験したことがあるが、その緊張感

 六曜の読み方、意味を先月より引き続いて紹介します。

 先負「せんまけ」と一般的に読まれ、元は小吉とされた吉日でしたが、現在は先勝の逆で何事も控えめにし、相手の出方を待つのが良い日とされています。

 大安「たいあん」と読まれ元は「泰安」と書かれたようです。何事にも良い吉日とされ、結婚式場が満員になる日でもあります。多くの人が何か事を起こす日に選ばれているのではないでしょうか。

 趣味を兼ねてホームページを作っている。プロほどではないが、見た目だけはなんとかそれっぽくなった。

 だが、プロと素人の大きな違いは、想定外をどこまで想定できるかだと言われる。特定の環境できちんと見られても、素人が作ったものは独りよがりで、どこか抜け落ちがあったりする。

 これは会話も同じで文化や背景が違うと同じ言葉でも話が伝わらない。ちなみに、どこまでも想定しどんな人にも分かる

 三月になるとだんだん鼻がむずむずし、目がかゆくなってくる。草木が芽生え春の到来に心躍る反面、花粉で頭がぼーっとして何も手につかないのを思い出して憂鬱な気分になる。ドラッグストアやスーパーでも花粉対策グッズのスペースは年々広くなっているようで花粉対策は今や日本で一大市場を形成している。

 対策の基本はマスクだがマスクだけでも何百種類もある。最近では花粉対策だけでなく様々な付加価値が