暦のあれこれ

普段目にするけどイマイチよく解らない「暦(こよみ)」について、身近な例を元に分かりやすく紹介します。

 十干と十二支の六十個の組み合わせの中で、よく耳にする組み合わせは、丙午(ひのえうま)ではないでしょうか。

 江戸時代、丙午年生まれの女性は「男を食いつぶす」等といった物騒な噂がとびかいました。

 これは、五行で丙は火、午も火となっているので、この年生まれは火の勢いが強く、気性が激しいとされたそうですが、本来は情熱的とした方がよいでしょうし、女性に限った事でもありません。

 十二支にも木火土金水の五行が配当されています。亥子が水、寅卯が木、巳午が火、申酉が金、丑辰未戌が土です。

 以前記した十干と十二支を一つずつ当てはめたものが、その年の干支といわれるものです。今年で言うと丙申(ひのえさる)。十干が丙で十二支が申の組み合わせです。

 十干が十個、十二支が十二個。それぞれ順に割り振ると六十個の組み合わせが生まれます。これを六十干支(かんし)と

 暦に関することで私達に一番馴染み深いのが十二支ではないでしょうか。現在でも「私は申年なので今年は年男です」という話はよく聞きます。

 十二支も五行説に基づくものですが、元々は一月から十二月を意味する古代中国の文字を音読みしたものが起源とされ、その意味は樹木が種から成長して実を結ぶという、植物の生長過程を一年間で表したものだったといいます。

 やがて十二支は

 前回まで五行説について書いてきましたが、暦の中で一番よく目にする五行といえばやはり、十干と十二支でしょう。

 十干も十二支も五行に基づいていますが、起源は古代中国の殷の時代、紀元前十五世紀頃に成立したもので陰陽五行説より古いものです。

 十干とは甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の事で五行との関係は甲乙が木、丙丁が火、戊己が土、庚辛が金、壬癸が水となります。

 以前、風水が流行し、テレビや書籍等でよくとりあげられていました。この方角にはこの色の物を置けば良い、といった様なものですが、これにも五行が深く係わっています。

 その頃、黄色い財布は金運を生むと言われ、よく雑誌等の広告で売られていました。「これであなたも億万長者」といった、いかにも怪しげな宣伝文句を見かけた方も多いことでしょう。

 しかし、なぜ黄色の財布は