現在の暦で吉凶判断の主役とも言ってよいのが六曜です。読み方に基準はありませんが、ここでは一般的な読み方と意味を紹介したいと思います。

 先勝「せんかち」とよく読まれ、急ぐ事は吉ありとされています。積極的行動が運を呼ぶとのことです。

 友引「ともびき」と読まれ友を引く事から凶事に忌まわれており、現在でも多くの葬祭場、火葬場の休日となっています。古くはこの日に悪い方向で事をなすと、友人にも災いがおよぶとされ、この事から現在の意味につながったようです。

 仏滅「ぶつめつ」と読み、凶日とされます。元々は全てがむなしいという意味で「物滅」と記されていたものが音が転じて仏滅となりました。決して仏様の命日というわけではありません。