ダグラス米国通信

真如寺金井ダグラス勝陀上人で修行中のアメリカ人僧侶、金井ダグラス勝陀上人による連載です。アメリカと日本の宗教観の違いや日本ではあたりまえだと思っていることが実は世界では珍しい事など日本の外から見た仏教、また日米の布教事情の違いなどを紹介します。

金井ダグラス勝陀上人
米 国ソルトレイクシティ生まれ。学生時代に信行道場を修了、アメリカで貿易会社勤務ののち、ネバダ大学でMBA(経営学修士)を取得。アメリカでも屈指の高 級ホテルであるラスベガスの「ベラージオ」で経営に携わる。退職後、真如寺で修行をし平成24年度の日蓮宗大荒行堂を成満。初めてのアメリカ人修法師とな る。趣味はワインでソムリエの資格を持つ。

 前回はキリスト教文化のアメリカでは先祖供養の考えがないと書きました。

 そんな中、私は次の様にご先祖様に祈る大切さを伝えています。

 私たちが生まれてくるには必ず両親がおり、その両親にもそれぞれ両親がいます。十世代さかのぼれば、その数なんと一〇二四人にもなるのです。このうち一人でも欠ければ今の私は存在していないのです。だから、私たちはご先祖様のおかげで生きている事に感謝

 アメリカから日本に来て二年目の日蓮宗僧侶、金井ダグラス勝陀です。これから何回かに分けて、アメリカ人から見た仏教について書いてみます。

 まず、アメリカ人に仏教の考え方を伝えるのは大変難しいことです。例えば日本で一般的な「先祖供養」もアメリカではなじみがありません。

 キリスト教社会のアメリカでは、自分が生きている間に悪い行いをすれば地獄に、良い行いなら天国