ダグラス米国通信

真如寺金井ダグラス勝陀上人で修行中のアメリカ人僧侶、金井ダグラス勝陀上人による連載です。アメリカと日本の宗教観の違いや日本ではあたりまえだと思っていることが実は世界では珍しい事など日本の外から見た仏教、また日米の布教事情の違いなどを紹介します。

金井ダグラス勝陀上人
米 国ソルトレイクシティ生まれ。学生時代に信行道場を修了、アメリカで貿易会社勤務ののち、ネバダ大学でMBA(経営学修士)を取得。アメリカでも屈指の高 級ホテルであるラスベガスの「ベラージオ」で経営に携わる。退職後、真如寺で修行をし平成24年度の日蓮宗大荒行堂を成満。初めてのアメリカ人修法師とな る。趣味はワインでソムリエの資格を持つ。

 ラスベガスのお寺には色んな人が来ます。問題を抱えたある若い男性が、方向が定まらない様子で「歩いて」お寺へ来たことがありました。見知らぬ人がお寺へ来るときは、精神的に追い詰められている時もあるため慎重になります。

 彼の場合は社会に上手くなじめず、家族を含め多くの人に阻害されたため、頭が常に混乱した状態にあったようです。一度兄弟に会いに行ったとき、周囲の皆の温かい対応で回復の

 アメリカでも檀信徒の方が参加できる信行会があります。各寺院ごとに行う時もあれば、何ヵ寺かで協力して行う場合もありますが、特に決まった研修方法はありません。

 私の目標は、日本で学んだ信行会のやり方をもとに、全てのお寺で同じように信行会が行えるようにする事です。それができれば、正しい仏教の知識を身につけ仏教を広めることができる人を育てられるのではないでしょうか。アメリカは広大

 先月、米国滞在中学校の先生に仏教の話をする機会がありました。

 ラスベガスという世界中の欲が渦巻いていそうな街でお坊さんとなり、荒行堂という清浄の限界に挑む修行を修めたという話に、まるで泥の中から蓮華が咲く様だと、皆大変驚き興味をもって話を聞いてもらえました。そこに少しでも仏教を感じて頂ければ幸いです。

 いずれ、私がもっと先生方に話をする機会があれば、そのうちそれを生

 今、アメリカでこの原稿を書いています。今年ロスで北米開教百周年記念法要を行うので、アメリカ人僧侶の皆と練習をするために帰っています。

 今回は二人の日本人聲明師に訓練を受けていますが、全て日本語なので大変です。ですが、法要には日本からも多くのご信者様がおいでになるので、アメリカ人僧侶でも日本語で法要ができるよう頑張っています。

 私達は普段、別々のお寺にい

 節分会は米国のお寺でも行います。誰でも自由に参詣でき年男年女は私の母の作った裃を着ます。

 米国では節分の行事は二月第一日曜の午前中に行う事が多いのですが、この日の午後は最大のアメフトの試合、スーパーボールが行われます。私も含めてほとんどのアメリカ人が試合を見ているため、試合の合間に食べるバーベキューの準備が忙しくて、法要に参加するのを忘れてしまう人もいる程です。

 こ