法話(毎月更新)

真如寺の僧侶が毎月交代で法話を書いております。何気ない日常にある法華経の教えを感じて頂ければ幸いです。

 能勢の山々も新緑に染まり、私のお寺の周りに広がる棚田にも水が張られ一斉に田植えがされました。

 棚田は昔より先人達が大変な苦労をして造り上げてきたものだそうです。

 春の暖かさを実感出来るようになったこれからの季節、晴天には水田に青空と白い雲が映し出され、まるで合わせ鏡の様な美しい光景が能勢を彩ります。

 苗は、これから秋まで太陽と雨と、母なる大地の恵みの水によ

 妙見山の境内には一万年続くブナの自然林があり、大阪府と兵庫県川西市の二府県にまたがり天然記念物に指定されている。

 一万年と聞くと気が遠くなりそうなくらい遠い話のように感じるが、それは毎日毎日の自然のサイクルが重なったことの結果に過ぎない。とはいえ、一万年が一日の積み重ねでできていると思うと、当たり前の山の景色もダイナミズムあふれた生き物のように見えて来る。

 そんな一万年続く

 真如寺では六月に皆様の写経を納経塚に納める納経会を行っております。

 写経は古来より仏道修行の中でも殊に重んじられています。お釈迦様の在世、お説法を文字に表すことは控えられました。ご入滅後お弟子方は教えの…

 可愛らしいトゲトゲがたくさんあって、風味も色も種類が豊富な大人にも子どもにも人気の食べ物なーんだ?

 正解は、金平糖です。

 娘が先日友達から金平糖をもらって、えらくご機嫌だったので、少し調べてみました。

 金平糖のルーツはポルトガルで、宣教師が織田信長に献上したことがきっかけで日本に広まっていったそうです。とは言っても、製法の難しさから庶民に広まるのはだいぶあとのこと。

 気のせいか歳のせいか、年々忙しさが増しているような気がする。

 そんな話をしていたら、他にもそう思っているという人が少なくないことが判った。

 大阪から東京まで行ってくるにしても、昔なら夜行列車を使っても二日はかかるところだが、今は新幹線を使って一日で充分往復できる。飛行機なら何往復もできるほどだ。時間はずいぶん節約できるはずだ。通信にしても、手紙のやりとりではなく、パソコンな