鬼子母神様は元は鬼神でした。人間の子供の肉が大好物でそれを食べて母乳にして我が子を育てました。それがお釈迦様の教化を受けて改心し子供を守る善神になったというお話はよく知られています。

 お釈迦様のお弟子には同じような経緯を持つ方が他にもいます。

 その人の名はアングリマーラ。「指切り悪魔」という意味です。本名はアヒンサという

バラモン教の修行

 高校の課外授業で私は茶道を履修した。茶道は日本の伝統的文化である。その始まりは、仏前への献茶、作法を取り入れたことだ。また、平安時代には修行僧が眠気覚まし、病の薬に御茶を服用していたらしい。 茶道ではお客を招待して茶会を開くことがある。ある日、私は茶会での点前をすることになった。お点前とは自分が点てた御茶を人に

飲んでもらうというシンプルな作法である。しかし大勢の人前でお点

 この「化城喩」は衆生の功利的な信仰を、永遠の真理を求める大きな信心へと導こう、というお釈迦様の願いを示すものです。仏道(砂漠)は長く険しいけれど、真理(宝)はすぐ近くにある、と。この真理とは、仏法を指します。

 この比喩でお釈迦様はフィクションの「大通智勝如来」という仏を紹介されました。この仏はこの世に初めて出現された

如来である、と。お釈迦様はこの一言で、

 最近は一人静かにたき火を眺めるソロキャンプが流行という。

 もしかして、情報にさらされない時間を求めてたき火を眺めに行くのかなとふと思う。

 ケータイでいつも誰かと繋がり、好き嫌いにかかわらずネットやテレビで大量の広告や情報が流れてくる。こんな毎日が続くと頭の中の情報の処理が追いつかなくなり、大事なことが何か次第に

分からなくなってくる。