先日近所の親子二代六十年続いたお豆腐屋さんが閉店することになりました。私はそこのお豆腐が好きでよく買っていたのですが近くに大型スーパーが次々と出来て客足が遠のいてしまいました。ところが閉店を予告する貼り紙が出た途端行列が出来るほどの盛況になりました。お客さんは口々に「なんでやめるの、美

味しいのにもったいないわ…」店主はその声に感謝しながらも「残念ながら閉めさせてもらいます

 「お父さん。」

 「何だい?」

 「今みたいに、車に乗って僕が前に進んでいくと、周りの景色はなんで後ろに動いていくん?」

 これは、軽度の自閉症スペクトラム児である小学四年の息子の問いである。

 通常、多くの人は、自分が車で前方に移動すると景色は後ろに遷移していくことを何度か経験すると、それ

は経験則として“当たり前のこと=知識”になる。

 大国の王である転輪王は小国を平定するため討伐に出向きそこで戦功をあげた部下にそれぞれの手柄に応じて様々な褒美を与えました。しかし転輪王は自分の髻の中の宝珠だけは決して与えませんでした。何故なら、この宝珠は王位を象徴するものだからです。

 如来の場合もこれと同じです。如来は真理を獲得した全

世界の王ですが、多くの魔王(煩悩)は如来に服従しません。そこで修行者達

 近頃、田舎の能勢にもオシャレなお店が増えてきたので好奇心にまかせて行ってみた。

 ゆっくり座って景色を眺めると、普段は気にもとめていなかった田園風景がとても綺麗で、それを借景にして食べるご飯は思いのほか美味しかった。

 店長と話すと、この美しい風景も、田んぼの担い手が減少し、このままではい

ずれ無くなってしまうかもしれないので、極力地元のお米を使っているそ