最近、焚き火など火打ち石を使って火をつけるのがちょっとしたブームらしく、私も先日体験してきた。

 体験教室の講師によると、ネイティブアメリカンは火打ち石で火がつかないとき「地球に認められていない」と言うらしい。その後幸いにもうまく火がついたが、人智を越えた大いなるものから認められたようでなんだか誇らしく感じた。

 一方でお釈迦様は、私達それぞれを既に認めてくださっている。もし何

 水が出て来ない。蛇口をひねれば水が出るというのは、ごく当たり前のことだと思っていたが、そうはいかないとなると、これほど不自由なことはない。

 そう言えば、今年に入ってから、雨も雪も降らず、この先作物がどうなるだろうと心配している農家の方の話しが、テレビにも流れて

いた。

 我が家では、主として山から流れ出る天然の水を水道管でひいて使っている。

 続いて衣裏繋珠喩をみていきます。

 ある人が大変裕福な親友の家に遊びに行きました。その人はいつしか酔いつぶれ、眠ってしまいました。そのうち友達は出かけなくていけない時間になりましたが、その人と今度はいつ会えるかわからないので、友達は酔って眠っているその人の着物の

裏に、とても高価な宝珠をそっと縫い込んで出ていきました。やがてその人は眠りから覚め、あちこちの国を仕事を求めて