青い空に浮かぶ真っ白の入道雲。うっとうしい梅雨空が続くと、晴れ渡った夏が待ち遠しくなります。

 ところが今年の梅雨は能勢地方ではまとまった雨が意外に降りません。そのため我が家ではちょっとした騒動が持ち上がりました。

 事の起こりはモリアオガエルです。梅雨になると毎年、ソフトボール大の卵が池の上にかかった木の枝に産み付けられます。やがて雨の雫とともに、卵からかえったモリアオガエルのオ

 「天井裏で、チュウと言う泣き声とチョコチョコと走る足音、その後から少し大きな動物の足音が響いてくるんですよ」
「ウチも、天井裏を走る小さな足音と、それを追っかけるような少し大きな足音が響いてますんや」

 毎日の食事でもうひと味足りないとき、黒胡椒をペッパーミルで擂ってかけると料理の味が格段においしくなります。

 黒胡椒は料理以外に薬や防腐剤としても使われており、中世ヨーロッパでは同じ重さの金と交換されるほど貴重品だったそうです。

 毎日食べる食事のように信仰も私たち自身が繰り返し積み重ねていくものです。

 ですが、少し不安になったときやもう少し信仰を深めたいときはお寺

かわいいリスが機械から出てきたクルミの善し悪しを判断し、良いクルミだけを割って中身をチョコレートの機械に入れます。

これは映画「チャーリーとチョコレート工場」の一場面ですが、なんとこのシーンはCG(コンピューターグラフィック)ではなく本物のリスを使って撮っています。動物の本能に逆らってクルミの中身を食べないよう訓練をするのは非常に大変で、このリスは二千回を超える反復練習を積み重ねたそうです。