5年くらい使っていたパソコンがある日突然壊れました。腹が立ってメーカーに電話すると、5年くらい使えば壊れるのは常識とのこと。

 専門家の間では常識でも素人の私が知るわけはなく、怒りの持って行き場がなくてなんとも悔しい思いをしました。

 仏様は常に相手の立場に立って教えを説かれております。これを対機説法と言います。

 仏様と同じようにはできないかもしれませんが、私たちも相

三月二五日、妙見山奥之院で妙見堂始め諸堂の改修工事落慶奉告法要が営まれました。その折りの奉告文の要旨を掲載します。

(奉 告 文)
謹み敬って仏祖三宝宗祖日蓮大聖人、御開山寂照院日乾上人以来歴代の先匠、法華経擁護の諸天善神殊には開運北辰妙見大菩薩等、来臨影嚮照智照鑑なさしめたまえ。

 すっかり春らしい陽気になりました。妙見山上の桜も開花に備えしっかりと蕾(つぼみ)をつくっています。しかし蕾をつくるのは植物だけではありません。私たちの心にも花を咲かせる蕾があります。ではどうすれば花が咲くのでしょうか?それは御題目です。

 新聞を広げると、今日もインターネットを使った犯罪やいじめのニュースが紙面のどこかに書いてあります。

同じインターネットを使っていても、全然知らない人が温かくこちらの質問に答えてくれたりすることも。

ネットは単なる場所であり、善も悪もありません。結局は使う人の気持ち次第です。

法華経に登場する常不軽菩薩は、全ての人の心に仏を見つけ敬ったと言います。