続いては「識」についてです。

十二縁起の「識」も五蘊の「識」と同義であり、感受したものに対してそれを認識し、区別する作用を指します。

わかりやすく説明しますね。若い方であればライン※で自分の感情をストレートに相手に伝えたい時、スタンプを使うこともあると思います。

でもよく考えてみてください。何故私達はそのスタンプを見て、送り主は喜んでいると認識することができるのでしょうか?

その答えは、私達が笑顔のスタンプに対して、これは今の自分は気分が良い、ということを表現するために使うものだと認識しているからです。

この笑顔のスタンプ=今の感情を代弁するものであり、相手は気分が良いのだと理解することが、つまりは「識」の段階なのです。

 

※SNSのメッセージアプリのひとつ。