山のたより

紙と硯

「信友」の「山のお便り」欄の記事を掲載しております。

75歳以上の後期高齢者は一定の運動を続けていないと約1週間で脚が弱り、いざ動こうとしても5分ほどで限界が来てしまう(読売新聞9月16日夕刊)という記事を読んで驚いた。

たった1週間で退化してしまうとは。コロナ禍の中、外出する機会が減り、運動量の減った人も少なくないだろう。

しかし考えれば運動だけではない。

歌舞・学問、何にしても日々の修練を怠っては力

本紙『法華経に学ぶ現代』欄解説の筆者である「純智庵」こと中村潤一上人は、先月4日霊山浄土へ旅立たれました。

ここに、法名「法秀院日学上人」のご生前の法恩に対し深甚の感謝の意を表しますとともに増円妙道をお祈り申し上げます。

なお、「法華経に学ぶ現代」は、すでに頂戴致しております原稿をすべて掲載するまで続けてまいりたく、読者の皆様には引き続き軽妙な筆使いと、

時にスパ

感染拡大も一息ついたようです。

まだ油断はできませんが、当山でも情勢を鑑みながら対応いたしたく、ご信者様の更なるご協力をお願い申しあげます。

《当面の対応策》

①窓口業務は再開。ご祈祷ご回向等は郵送でもお申込みできます。

②昇堂はマスク装着、人数制限の上、外陣にてお詣り願います。

③月例法要・日朝上人千日詣りは、密集・密閉・密接を避

妙見大菩薩年大祭が厳修されました。

ご祈祷ののち天台宗僧侶で落語家の露の団姫師の講演と当山山主との対談が行われました。

いずれもユーチューブでライブ配信致しました。

ダイジェスト版も流しておりますので是非ご覧下さい。

緊急事態宣言が解除されましたが、コロナ禍が完全に終息したわけではありません。

第二波の感染拡大を考慮し、当面は密閉・密集・密接を避

緊急事態宣言の発令のもと、當山もご信者の皆様とともに、感染拡大の防止に取り組んでいきたいと考えております。

感染拡大防止の為、外出しないことが推奨されております。當山へのご参詣もなるべく控えて戴きたく存じます。

ご祈祷やご回向をご希望の方は、郵便・FAX・電話等にての受付を行っております。ぜひそちらをご活用ください。

尚参詣者の昇堂はできません。ご了承ください。…