昔の鉄のフライパンが台所の奥から出てきたので使ってみた。

 スーパーでよく見るテフロン加工のフライパンと違い、鉄のは十分に熱してからでないと焦げ付くし、テフロン加工のは熱すぎると加工が取れる。見た目も用途も同じフライパンなのだが使い方を知らないと本来の性能が発揮できない。

 

 仏教に「使い方」というのがあるかどうかはともかく、仏様は相手にあわせて話しているため、そのまま字面を追うだけでは正しく理解できないこともある。その背景も含めて仏の知恵を咀嚼していきたいものだ。U.K