コロナ禍の中で、メールやリモート会議など、コミュニケーションの手段も随分変わってきました。

それでもハガキが届くのは嬉しいものです。たった一枚の中に相手の温もりが直接感じられます。

ハガキはどこへ出しても同一金額です。また遅れることなく着きます。

でもまったく事情の異なる国もあります。私たちの当たり前がそうではない!? 

私たちは当たり前の日々に感謝すべきだと思います。仏さまの御守護も同様です。

私たちがそれと気付かなくても、日々見守って下さっていることに感謝しましょう。K.J