関西身延真如寺とは

大阪で唯一、日蓮聖人の御真骨を奉安している霊場です。
毎日ご祈祷やご回向(ご先祖の供養)を受け付けています。
滝行で心身を清め、心の鍛錬をすることもできます。

〒563-0121 大阪府豊能郡能勢町地黄606
TEL:072-737-0135 FAX:072-737-0448

真如寺の大屋根

ご祈祷

各お堂にて、家内安全、身体健全、社運隆昌、厄除け、合格祈願、等々ご祈願をいたします。

ご回向

ご先祖様や水子のご供養を承っております。

お滝行

年中枯れることのない当山の滝での修行のご指導をいたします。

お知らせと更新情報

  • 4月の法話 昼夜常精進/日  慧

    今朝はカミナリとともに雪が降り出した。もう桜が咲き出すところになっての寒の戻り。 辞書では、春先に一時的に寒さがぶり返すことを寒の戻りと言うそうだが、先日までの暖かさに慣れた身体には応える。時折出てくるクシャミやセキ。これは花粉症かそれとも鼻風邪の故なのか。ハナをすすりクシャミに悩まされる当人としては、どちらでもいいから早く治ってすっきりしたいというのが本音である。
  • 4月の法話 日常の中に /箕浦 渓介

    仏教の「修行」と聞いて多くの人の頭に真っ先に思い浮かぶのは「掃除」ではないだろうか。 例えば時代劇やアニメ等で「お寺の小僧さん」といえば大抵、床の雑巾がけをしていたり、ゴミ一つ落ちていない境内なのに箒を意味もなく左右に振っていたりと、何かにつけ「掃除をしている」シーンも多く、世間一般では「お寺の修行といえば掃除」という方程式が確立しているように思う。一見ステレオタイプとも言うべき方程式だが、実際の所かなり的を得たものだと思う。掃除ほど仏道修行の本質がよく見えるものはないではないか。
  • 化城喩(一)

    続いて化城喩についてみていきます。化城喩は「化城喩品第七」に説かれる比喩です。多くの人々が、智慧もある隊長に連れられて、遠い国へ珍しい宝を求めて旅に出ました。 しかし幾日も幾日も困難な道が続くので、やがて隊員達は疲れ果て、隊長に「もう帰国しよう」と迫ります。しかし隊長は隊員達を巧みに宥めて神通力で立派な「幻の城」を出現させました。 その城を見て、隊員達は喜んで城内に入って休憩し、
  • 4月のお便り

    日本人が大好きな苺の旬っていつだろう?年中苺が出ているので分からなくなるが苺の旬は春だ。 とはいえ、栽培技術の向上でいつでも作れるようになったし、海外からの輸入もある。 結果、日本では多くの需要と努力のおかげで多少価格の