関西身延真如寺とは

大阪で唯一、日蓮聖人の御真骨を奉安している霊場です。
毎日ご祈祷やご回向(ご先祖の供養)を受け付けています。
滝行で心身を清め、心の鍛錬をすることもできます。

〒563-0121 大阪府豊能郡能勢町地黄606
TEL:072-737-0135 FAX:072-737-0448

真如寺の大屋根

ご祈祷

各お堂にて、家内安全、身体健全、社運隆昌、厄除け、合格祈願、等々ご祈願をいたします。

ご回向

ご先祖様や水子のご供養を承っております。

お滝行

年中枯れることのない当山の滝での修行のご指導をいたします。

お知らせと更新情報

  • 1月の法話 目出度う! /日慧

    「何でお正月にはお目出度うっていうんだろう」 何年か前ですが、初詣に連れられて来た子供が二人で話していました。 「御誕生日でもないし、別にお目出度くないのにね」 なるほど、なぜお目出度うなんでしょう。新年を迎えてお正月には「お目出度うございます」というのがごく普通の挨拶です。ただ今年はコロナ...
  • 1月の法話 新年の抱負 /箕浦 渓介

    「ああでもない、これはどうかな?」 私が小学生の頃から通っている習字教室で中学生の男の子がつぶやいています。 どうやら学校に提出するための「書初め」をしているようです。 その様子を微笑ましく思いながら自らの学生時代のことをふと思い出します。 書初めの起源は平安時代までさかのぼります。 「吉書初...
  • コラム 六波羅蜜

    大乗仏教における菩薩の代表的な修行の一つが六波羅蜜(ろつぱらみつ)です。 波羅蜜(はらみつ)とは、伝統的な解釈では「彼岸に渡った」という意味があります。 「彼岸」とは悟りの世界を指し、これに対して我々が住んでいる迷いの世界を「此岸」と呼びます。 つまり、六波羅蜜とは、此岸から彼岸に至るための...
  • 1月のお便り

    ふと窓の外を見ると手摺に小鳥が二羽とまっています。 私と眼が合いましたが、窓ガラスが閉まっているので知らん顔です。 でも写真に撮ろうとスマホを持って構えると、恥ずかしいのか飛び立ってしまいました。 長閑な一時でしたが、鳥の世界も高病原性鳥インフルエンザが流行しており、小鳥たちは何も知らないの...