8月のお便り

 子供の頃のお墓参りは誰か知らないご先祖様のお墓だったが、今となっては知らない誰かのお墓ではない。また、直接面識のないご先祖様に対しても、歳とともに繋がりを感じ…

続きを読む

7月のお便り

 友人がある有名なお寺でご祈祷をしてもらったところ5分ほどしかお経をあげてもらえなかったと、ちょっと残念そうにしていたことがあった。  自坊にいると当たり前にな…

続きを読む

6月のお便り

 先月の母の日に続いて今月は父の日が近づいてくる。子供も幼稚園の時には色々作ってプレゼントしてくれたものだが、卒園すると特に何があるわけでもなく、気づくと父の日…

続きを読む

5月のお便り

 スプーン作りにはまっている。生木を斧とナイフで削りだすグリーンウッドワークという手法で作る。  スプーンなどよく目にするものだが、いざ作るとなると角度や深さな…

続きを読む

4月のお便り

 先日、子供の卒園式の保護者の謝辞で印象的な表現があった。それは「忍耐強い愛情で子供を支えてくれた先生方」というフレーズだ。  「愛」と「忍耐」は一般的にはあま…

続きを読む

3月のお便り

 3月になると義理や本命はあるにせよバレンタインのお返しに何を送ろうかと考えている男性は多いのでは。  ところでこのホワイトデー、バレンタインデーと共に昔からあ…

続きを読む

2月のお便り

 星祭(ほしまつり)と言う単語を初めて聞く人は七夕のようなロマンチックなお祭りを思い浮かべるようだ。  私も子どもの頃は、夜に行われるこのお祭りを、漠然となんだ…

続きを読む

1月のお便り

 結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです。  これはとある結婚情報誌のキャッチコピーで、多くの方の共感を呼んでいると評判だ。  結…

続きを読む

12月のお便り

 十二月八日はお釈迦様が菩提樹の下で悟りを開かれた日と言われこの日は成道会を行うお寺も多い。  根源的な苦しみを離れるための真理を悟ったお釈迦様だが、最初はその…

続きを読む

11月のお便り

 山が色づく季節が巡ってきた。整えられた庭の紅葉も良いが、里山の色とりどりの美しさも捨てがたい。  ところで、里山は自然にできたものではなく、人間が炭や薪を採る…

続きを読む